セクキャバに出戻りする女性の理由とは

セクキャバを一生働くつもりで働いている女の子はどれくらいいるでしょうか?
ある程度自分の目標額に達したら足を洗う、そんな女の子のほうが多いでしょう。

しかし風俗という世界は依存性が高い職業です。
一度この世界で働いてしまうと一旦卒業してもまた夜の世界に出戻りしてくる女の子が多いのです。
なぜ彼女たちはセクキャバに戻ってきてしまうのでしょうか。
そもそも出戻りはできるのでしょうか?

今回はセクキャバで出戻りしてくる女の子の理由について解説します。

セクキャバ嬢が出戻りすることは多い

割合セクキャバに限らず風俗という仕事は辞めた女の子が出戻りしてくることが多い世界です。
風俗業界は若ければ若いほど稼ぎやすいです。

年齢を重ねていけばやがて需要は減っていき、稼ぎにくくなっていきます。
望まれなくなってから辞めさせられるのではなく、需要があるうちにきっぱりやめる、そのほうが精神的にも健全です。
多くの女の子は需要が高いうちに足を洗いますが、再び夜の世界に出戻りしてきてしまいます。
なぜ完全に卒業できないのか、その理由は大きく分けて3つあります。

お金

まず出戻り理由として最も多いのはお金でしょう。
都内で女性が一人で生活するためには膨大な金額が必要です。
そのために、いろいろな我慢が必要となります。

汗水たらして昼職で働けど欲しいものも買えず、給料のほとんどが生活費に消えてしまいます。
しかしセクキャバのようなソフトサービスでも通常の仕事にくらべはるかに効率よくお金を稼ぐことができます。
都内のセクキャバであれば安くても時給は3000円以上。
これに指名料やドリンクバックで加算されたポイントによって、給料はハネあがっていきます。

通常のパートアルバイトに比べたらソフトサービスのセクキャバですらこのくらい稼げてしまうのです。
週末勤務だけでも昼職の給料並みに稼げてしまう、女性でここまで稼げる仕事は他にないでしょう。
旅行したい、借金してしまった、支払いが大変。
昼職だけでは賄いきれなくなったお金を求め一度やめた女性もまた風俗の世界に戻ってくるのです。

辞める理由がなくなった

また、辞める理由がなくなったので出戻りするケースもあります。
たとえば恋人ができたのを機にセクキャバを辞めるという女の子は多いでしょう。
彼氏に罪悪感があるからやめたい、彼氏にバレる前に辞めたい、こういった理由で一旦セクキャバをやめます。

しかし、その恋愛も長続きすれば幸せですが、そうはうまくいかないこともあるでしょう。
数か月後、彼氏と別れてしまったことでセクキャバを辞めた理由もなくなり、またセクキャバの世界に戻ってくるのです。
恋愛だけではなく、結婚でもこのようなケースはおこりえます。
また、身バレを理由にやめるケースでもあてはまります。

たとえば副業禁止の会社にセクキャバ勤務がバレしてしまったので一旦卒業したものの、会社に居づらくなったことでやめてしまい、またセクキャバに戻る、こんなケースもあります。
一度は辞めたセクキャバも、時間がたったことで辞める理由がなくなり、また出戻りしてくる女の子が多いのです。

大切に扱ってもらえる

笑顔 女性そしてセクキャバではチヤホヤしてもらえるのも大きいです。

昼職ではせいぜい事務や雑務程度の仕事しかさせてもらえません。
失敗すれば上司に口汚くののしられることが多く、ストレスがたまります。
その上ブラック企業で休みもとれないとなれば地獄のような生活です。
セクキャバではお客さんもスタッフさんからも大切に扱ってもらえ、かつ自由出勤、働いてて非常に楽なのです。

さらにもらえる給料も高いとなれば昼職で働き続けるのがバカバカしくなってしまうのです。
こうして一度は卒業しても、条件的にも環境的にも優れているセクキャバに戻ってきてしまうというわけです。

出戻りは基本的に可能

基本的に風俗業界は出戻り可能です。

セクキャバのようなソフトサービスは店舗数に限りがあるため、同じ系列店や同じお店に出戻りすることも多くなるでしょう。
しかし一旦やめてしまった同じお店は快く迎えてくれるのでしょうか?
働いていたお店への出戻りも、よっぽどヘマをしていなければ基本的にどのお店も快く迎えてくれます。
お店も新人をイチから教育することは膨大な労力がかかります。

一人前になるまでは時間がかかります。
しかし出戻りする女の子に関してはそういった教育がいりません。
仕事の流れを把握している経験者は指導に時間を割かれることもなくお店側も楽なのです。
したがって、ほとんどのお店では笑顔で出戻りを受け入れてくれます。

もちろん同じお店に出戻りすることは女の子側もメリットが多いです。

出戻りすることのメリット

人間関係が楽ちん

まず出戻りするメリットとして、人間関係が楽だというのがあげられます。

一度つとめていたお店なら、スタッフさんとも顔見知りであり、店長さんの性格も熟知しているでしょう。
周りのキャストも知った顔がいれば0から人間関係を構築する必要なくスムーズに働けます。
セクキャバにしろ他の風俗にしろ、仕事内容より人間関係に疲れてやめていく女の子が多いです。
お局からの新人いびりがあったり、嫉妬があったり、お店の女の子は基本的にライバル関係にあたるため、新しいお店で0から人間関係を構築していくのは億劫なのです。

知った顔なじみの多い同じお店への出戻りは、煩わしい人間関係のことを考えず働けるメリットがあります。

お客さんが戻ってきてくれる

そして第二のメリットとしてお客さんが戻ってきてくれることがあげられます。
セクキャバにもネット指名や場内指名、本指名、同伴といったものがあります。

基本給以外のポイントを稼いでいくことによってセクキャバの給料は増えていきます。
これがお店をやめてしまうと、自分のファンは0になります。
新しいお店で働いても0からの状態でスタートしなくてはならず、稼ぎにくいのです。
しかし同じお店への出戻りはあなたのファンだったお客さんがまたお店にやってきてくれます。

ゲームで例えると、新しいお店で働くのは0からのスタートですが、出戻りの場合レベルやアイテムを引き継いだ状態からやりなおすことができるのです。
疎遠になっていたお客さんをまた呼び戻すことができるので、お店にもあなたにとっても好都合というわけです。

仕事内容が把握しやすい

チェックそして仕事内容が把握しやすいのも同じお店へ出戻りするメリットでしょう。

セクキャバは給料のシステムが非常に複雑で、基本サービスもお店によって違うことがあります。
他のお店であればオプションのサービスが、基本サービスのうちに入っていることもあり、とまどうこともあります。
中にはヌキキャバといって、セクキャバに違法なヌキのサービスを容認しているお店もあります。
こういったお店で働くと摘発があったときに巻き添えになってしまうので、注意しなくてはいけません。

また、最悪なのがノルマがあるお店です。
求人情報にはそういった情報を出さずに女の子を募集し、同伴や指名数のノルマを科されることがあります。
そしてそれを達成できないと、ペナルティとして基本時給を減らしてもらえる給料を減らしてしまうのです。
なぜ求人情報に書かないかというと、書いてしまうと女の子が集まらないからです。

同じお店に出戻りするのであれば、そのお店の基本サービス、ノルマの有無、罰金制度、自分が何をしなくてはいけないのか、予め仕事内容を理解した上で働けます。
そういった意味でも安心安全にスムーズに働くことができるので、同じお店の出戻りはメリットのほうが多いのです。

出戻りを断られるケース

基本的にどんな業種でも出戻りは可能ですが、問題がある女の子に関しては出戻りできないケースもあるので注意しましょう。

具体的にどんな女の子が出戻り拒否をされるのでしょうか。

転々虫

まず入店と退店を繰り返している女の子は同じお店に出戻りすることができなくなります。
入店直後はお店も新人期間として稼ぎやすいようにプッシュしてくれますが、この稼げる期間を利用して辞めては入店してを繰り返す女の子も多く、そういった優遇期間しか働かない女の子は採用されなくなります。

こうした行為は風俗業界では「転々虫」と揶揄され、グループ系列のブラックリスト入りしてしまうので注意しましょう。

飛んでしまった

そして俗にいう「飛ぶ(バックレ)」経験のある女の子も出戻りさせてもらえないケースがあります。
風俗業界は日払いバイト感覚で利用している女の子も多く、お金をもらったらすぐ飛んでしまうケースが目立ちます。

一般企業でもそうですが、仕事に穴をあけてしまった社員が再び入社試験を受けて採用されるでしょうか?
迷惑をかけた状態で再び採用してくださいは少々虫が良すぎます。
こういうところにルーズなお店であれば、飛んだ女性も再び採用してもらえるかもしれませんが、多くの店ではNGで、とくに高級店ではまず採用されなくなります。
またグループによっては飛んだ女性のデータを残していることもあるので、しばらくたったから忘れてるだろうとおもって面接に行っても、バレてしまうでしょう。

いずれにせよ辞めるときは迷惑をかけずに一か月前に申告してからやめるようにしましょう。

職場の人間とトラブルがあった

そして職場の人間関係を円滑に築けなかった女の子も採用を見送られることがあります。
同僚と喧嘩をしてやめた、職場の雰囲気を悪くしていた、といった女の子はお店も扱いにくいので、出戻りを受け付けてくれないことがあります。

また人間関係でいうと、男性スタッフと恋愛してしまうとお店のルール違反ということで同じお店には出戻りできなくなります。

クレームが多い

そして何よりお客さんからクレームが多い女の子は出戻りを敬遠されます。
サービスが悪い、地雷接客をする、美意識がないといったお客さんからクレームがくる女の子はお店側も再雇用するメリットがありません。

クレームが多い女の子は出戻り以前にお店に在籍し続けることが難しいので、常にお客さんのことを考えた満足なサービスを心がけましょう。

稼げる女の子は出戻り大歓迎

セクキャバに限った話ではありませんが、お店が欲しがるのは「稼げる女の子」です。
結局のところ、お店に利益がある女の子であれば、多少問題があってもいつでも出戻りさせてもらえます。

稼げる女の子であれば飛んだ女性であっても、同僚とケンカをして辞めた経験があっても、出戻りさせてもらえます。
出戻りできる女の子と出戻りできない女の子の差は「稼げる女の子」「稼げない女の子」と言い換えることができます。
なぜそんな扱いに差があるのか、それはお店は稼げる女の子を常に求めているからです。
稼げる女の子は常連のお客さんを無数に抱えています。

こういった女の子が戻ってくると、その女の子目当てにお客さんがあつまり、そのあふれたお客さんを他のキャストで穴埋めできるので、お店は多少の問題があっても店に置いておきたい人材なのです。
一度辞められたことでお店にこなくなったお客さんも再びお店にくるようになり、常連客を抱える女の子はどのお店でも重宝されます。

それとは逆に、問題なくスムーズにやめた女性であったとしても、お店に貢献できなかった女の子は出戻りすることが難しいかもしれません。

出戻りしなくてすむように貯金をしよう

貯金出戻りは可能ですが、それに依存しないようにしましょう。
セクキャバで働く女の子にありがちなことに、金銭感覚がマヒしてしまうことがあげられます。
一般企業では到底稼げない金額を短期間で稼いでしまう風俗嬢は、そのお金を浪費しやすいです。

ホス狂い、ブランド買いあさり、そしてヲタ活といったものに際限なくお金をつかってしまいます。
また生活水準をあげてしまい、風俗を辞めてからもその生活を落とすことができず苦しんで出戻りするケースが目立ちます。
こういったことがないように、普段から必要以上の浪費はせず、風俗で働かなくても暮らしていけるように、計画性をもって貯蓄をしておきましょう。
出戻りできると思っていると、またすぐにお金を浪費したくなってしまうので、出戻りはなるべくしないのが一番の選択肢です。

まとめ

セクキャバは出戻りすることはできますが、あまりお店とトラブルを抱えていたり、問題がある女の子は出戻りできないこともあります。
また、一度飛んでしまった場合、その情報をお店によっては保管していることもあります。
時間をおけばだ丈夫だろうという甘い考えは通用しないので注意しましょう。

いずれにせよ出戻りを前提にせず、卒業する前に出戻りする必要がないくらい貯金をしっかり溜めておきましょう。

稼げるセクキャバの見つけ方

スカウト型高収入求人サイトなら、待っているだけでお店からオファーが届きます!
もちろん、登録は無料なので安心して下さい!
探す手間がないから効率的に高額バイトが見つかります!

条件よいセクキャバが集まるサイトはこちら

Qプリ
ミミロケ

まずは、登録♪登録♪
アドバイス・相談
セクキャバのバイト入門

コメント