セクキャバで当欠をした際のペナルティとは

セクキャバで働いているとどうしても仕事に行く気分じゃなくなり、当欠をしたくなる時がやってきます。
風俗業界は当欠に厳しいので、繰り返すとペナルティを科されることもあるので注意しなくてはいけません。
もちろん体調不良なのに無理やり出勤をするのはおすすめできませんが、なるべく割り当てられたシフトは守りましょう。

もし当欠をしてしまったら、なにか問題はあるのでしょうか。
お店側からペナルティを科されるのでしょうか。
今回はセクキャバで当欠をしたときに科されるペナルティについて解説します。

当欠は厳しいペナルティを処す風俗業界

怒り風俗業界で働いてペナルティを科されることはあまりありませんが、当欠だけは厳しいです。
当欠とは「当日欠勤」の略です。
出勤予定の日だったのにもかかわらず、休みたくなってしまった。
そんな無責任な行動を風俗業界で当欠と呼んでいます。

これは風俗業界にかかわらず、社会人であればなるべく避けたほうがいい行為です。
なぜ当欠が悪いのか、理由は簡単です。
他のキャストに迷惑がかかるからです。
セクキャバは何人もやってくるお客さんを満足させるため、キャストの頭数をそろえて営業しています。

これが一人でもセクキャバ嬢が欠けると人数が足らなくなり、休みだった女の子を急遽出勤させるハメになります。
あなたが休む立場だったらそれでもいいかもしれません。
ですがあなたが休みの日に出勤要請をされたらどんな気分になるでしょうか?
一人の勝手な行動で全員が迷惑をこうむるのです。

自分が休日に出勤要請されたら嫌であるように、他人に迷惑をかける当欠はしてはいけません。

セクキャバでも当欠自体はできる

セクキャバにおいて当欠は推奨こそされませんが、当欠自体できなくはありません。
それは急な生理があったり、身内に不幸があったときはお店が無理やり出勤要請することはできないからです。

全ての当欠が悪いわけではありません、当欠がクセになってしまうのが問題なのです。
一度当欠をした女の子は我慢して出勤する意欲が落ちてしまい、少し嫌なことがあると当欠を繰り返すようになってしまうのです。

セクキャバを当欠して課されるペナルティとは

当欠自体やむをえないケースもありますが、その悪いクセが何度も出るようだと問題になります。

こうなるとお店も見過ごしません。
様々なペナルティを科して当欠する女の子を罰することになります。
具体的にはどんなペナルティがあるのでしょうか。

罰金

財布まず科されるペナルティが、罰金です。
現在の風俗業界において罰金制度を設けているお店は一時期より少なくなってきました。
ですがキャバクラなどの水商売ではまだ当たり前に存在しています。
セクキャバにおいても罰金をとられることは以前より減りましたが、当欠の度が過ぎると罰金を科されるお店もあります。

罰金というとお金を支払うイメージがありますが、給料から天引きする形で罰金をとることがほとんどのため、逃れることができません。
厳密には罰金を科すことは違法行為なのでゴネれば支払い義務はないのですが、自業自得なこともあり多くの女の子は泣き寝入りしてしまうのです。
それでも罰金制度に納得いかない女の子が罰金の返金をもとめて訴えたことケースがあります。
もちろん度の超えた罰金は労働基準法に違反しているため、お店は返金することになりました。

しかし、そういった訴えを起こす女の子はごく一部
またお店に逆らった女の子のデータは共有され、セクキャバをはじめとした風俗業界で採用されにくくなってしまうため、このようなケースまで発展するのは稀です。
お店も女の子がいるから営業をできています。
罰金を取ることはしたくありません。

しかしやる気があまりにも感じられない女の子や責任感が欠如している女の子に対し、襟を正す意味もこめて罰金を科すのです。
罰金は一般的に小規模な店舗に多いので、もし罰金制度に不満があるのであれば大手系列のグループ店で働くといいでしょう。

干される

そして罰金より嫌なペナルティに「干される」というのがあります。

干されるというのは、お店からの扱いが悪くなり冷遇されてしまうことです。
具体的にお店から干されるとこのような冷遇をされます。
・嫌な客ばかりをつけられる
・出勤調整されてしまう
・無視
こういった嫌がらせのような数々です。
セクキャバは他の風俗のようにフリー客をつけないといった客操作をされても時給制なので関係ありません。
ただし当欠を繰り返す女の子には、不潔なお客さんや乱暴なお客さんなど、周りがいやがる客を率先して回されるようになります。

また挨拶をしても返してもらえない、待機所で周囲から無視される、ホームページ上での扱いが悪くなったといったものもあります。
なんだか子供じみた嫌がらせですが、実は罰金よりもタチが悪くこれが原因でやめてしまう女の子も多いです。
こういった嫌がらせを聞いて「セクキャバってだめだな」と思うかもしれませんが、お店側も女の子を好きで干したいわけではありません。
どんな店長でも女の子には気持ちよく働いてほしいと思っているはずです。

しかし当欠を繰り返す女の子を甘やかしてしまうと、毎日真面目に出勤する女の子が不快な思いをしてしまうのです。
あなたがもし経営者であれば、やる気のない女の子とやる気のある女の子、どちらも同じ態度で接するでしょうか?
部活でもそうだったように、練習に真面目に取り組まない生徒は試合に使ってもらえません。
それと同じでセクキャバでやる気のない女の子は冷遇されても仕方ないのです。

どんなお店も毎日真面目に出勤する女の子なら厚遇し、やる気のない女の子は冷遇するものです。
真面目に出勤してなるべくお店から必要とされるようなセクキャバ嬢を目指しましょう。

クビ

そして当欠による最悪なペナルティはお店をクビにされることです。

もちろんすぐ女の子をクビにしてしまうセクキャバはネットの評判も悪くなり、女の子も集めづらくなってしまうのでお店も最後の手段として用います。
ですが当欠を繰り返して穴をあけてしまう女の子はお店も扱いが難しくなり、周囲の士気も下げ、結果的にお店の評判を落としてしまうのです。
もちろん堂々とクビを宣告されることまでいかなくても、ありえない条件下で働かせたり、シフトを都合の悪い日ばかりあてがわられたり、自ら望んで辞めてもらうようしむけてきます。
そしてそういった行動を繰り返す女の子は風俗業界のブラックリスト入りしてしまい、同じグループ店で採用されなくなってしまうのです。

最終的にはお店をクビになってしまうので、当欠はしないようにしましょう。

当欠が持つセクキャバ店のペナルティ以上のデメリットとは

男性 シルエット当欠するとお店側からペナルティをうけるだけではありません。
せっかくあなたに会えるのを楽しみにやってきたお客さんが離れてしまうのです。

もしかしたらその日のために休みを入れていたかもしれません、スケジュールを割いて遠方から訪れた人もいるでしょう。
同伴するのを楽しみにしていたお客さん、ネット指名で予約をいれてくれたお客さんを失望させることにつながります。
セクキャバは他の風俗のように大きく稼ぐことが難しい業種です。
ファンになってもらったお客さんをいかに通ってもらうかが稼ぐために重要です。

そういったお客さんを当欠によって他の女の子に奪われたり、もうお店にこなくなってしまうデメリットがあるのです。
これがお店から科されるペナルティよりも大きな損失で、あなたの価値を下げてしまうのです。

セクキャバ嬢がペナルティ覚悟で当欠したくなる理由とは

当欠はしてはいけません。

セクキャバ嬢もバカではありません、そんなことはわかっている女の子が大半です。
ですが彼女たちはそれをわかっていても当日になると仕事を休みたくなってしまうのです。
なぜ彼女たちは当欠をしてしまうのでしょうか。

体調不良だから(生理など)

当欠理由で特に多いのはこれでしょう。
体調不良による当欠です。
熱がある状態で出勤しても病気をまきちらすだけなので、自宅で静養したい場合も多いでしょう。
また生理前だとイライラしたり、精神が不安定になります。

そうした時はお客さんに触れられるのすら辛いので、休みたくなる気持ちもわかります。

気分がのらないから

そして実際に一番多い当欠理由がこれです。
その日起きたらなんとなく気分がのらない、出勤するつもりだったのになぜか当日になって行きたくなくなってしまったという理由です。

セクキャバにかぎらず風俗という仕事全般に多い当欠理由です。
嫌なお客さんと接客をした翌日は特に仕事に行く気がなくなってしまうといったネット上の書き込みもみつかります。
風俗という仕事は一般企業にくらべ、仕事に対する意識が希薄です。
セクキャバなんていつ休んでもいい、いつでも辞められるし、といった浅い意識で働く女の子が多いため、こうした理由で休む女の子が後を絶たないのです。

もちろんそんな理由で当欠は許されません。
お客さん目線では「金もらってんだからきちんとしろ」と思うでしょう。
しかし女の子側を弁護するのであれば、風俗はどの職業よりも病みやすい職業です。
ソフトなサービスのセクキャバも例外ではありません。

自分が生理的にうけつけない男性相手にキスをしたり、胸を触られるのは精神面の負担が大きく、当日になって出勤意欲がなくなってしまうのも仕方がないのかもしれません。

セクキャバのペナルティを避ける対策法とは

では当欠をしないため、ペナルティを受けないため一体どうするべきでしょうか。
女の子によっては当欠してしまう自分に悩んでいることも多いはずです。

そのあたりを考えていきましょう。

シフトを減らす

カレンダーまず当欠をしないようにする一つの対策にシフトの日数を減らすというものがあります。
通常20日勤務を半分の10日にすれば、連勤によるストレスを減らすことができます。

シフトを減らしたところで当日休みたくなる気持ちはかわらないという意見もありますが、次の日休みだから、と割り切って働くこともできるはずです。
また出勤日数が少なくなれば稼ぎが減り「出勤しないと目標額まで稼げない」といったモチベーションで気分がノラない日でも重い腰をあげることができます。

掛け持ちをする

次の解決法は掛け持ちをしようというものです。

当欠理由は気分がノラないから、という理由が大半です。
ストレスによる負荷が自分の出勤意欲を下げさせてしまうのです。
そこで掛け持ちです。
昼間一般企業で働いて、夜はセクキャバで働く。

こうすることで気分が落ちた日でも家でかかえこまず、昼の世界で気を紛らわすことができるのです。
労働時間が増えることで肉体的な負担はかさみますが、シフトを減らすなどして自分の体調に合わせて働くといいでしょう。
昼の仕事がブラック企業であれば、辛いセクキャバ勤務も簡単にお金が稼げる素晴らしい世界なんだ、と仕事観もかわるかもしれません。

人気嬢になる

そして当欠最大の解決方法がこれかもしれません。
当欠病を繰り返してしまう女の子は、当欠をなおすのはほぼ不可能です。
かといってお店に貢献できないのに当欠を繰り返しては干されるかクビという重いペナルティが待っています。
当欠はたまにするかもしれないけどお店から干されるのは嫌、といったわがままな女の子におすすめするのがその店ナンバーワンの人気嬢を目指せ、という対策法です。

セクキャバに限らず風俗は皆が平等に扱ってもらえません。
人気嬢であればお店から厚遇され、不人気嬢なら冷遇される世界です。
お店の看板である人気嬢はお客さんをたくさん抱えており、お店側も辞められると困るので、多少のわがままをきいてくれるのです。
不人気嬢が当欠をしたら干されるかもしれませんが、人気嬢だとそういったわがままを店長も口うるさく指導することができないのです。

なぜなら移籍されたら店の経営に支障が出るからです。
つまり当欠を繰り返してしまう女の子でも、人気嬢になってしまえばペナルティなく働き続けることが可能というわけです。
もちろん人気嬢になったうえで当欠をしないのがベストですが、もし当欠を繰り返してしまう悪い癖がなおらない女の子は、まずはお店から必要とされるセクキャバ嬢を目指すのがてっとりばやい解決法かもしれません。

まとめ

セクキャバには当欠をすることで罰金を科すお店は減ってきましたが、常習化すると干されたり首にされたりするペナルティが待っています。
風俗業は自由出勤のため、一般企業のようにハードにスケジュールを拘束されることなく働けます。
しかし昼職とおなじように仕事は仕事です。
一人の当欠によって周囲に多大な迷惑をかけてしまうので、お店のルールや最低限のマナーは守りましょう。

もし精神面が苦しくて出勤できないと思ったら、一人で悩まずにお店のスタッフに相談して心のケアをしてみてください。

稼げるセクキャバの見つけ方

スカウト型高収入求人サイトなら、待っているだけでお店からオファーが届きます!
もちろん、登録は無料なので安心して下さい!
探す手間がないから効率的に高額バイトが見つかります!

条件よいセクキャバが集まるサイトはこちら

Qプリ
ミミロケ

まずは、登録♪登録♪
アドバイス・相談
セクキャバのバイト入門

コメント