セクキャバで乳首が痛い対処法と病気について

セクキャバではサービスとして胸を触る行為が含まれていますが、出勤すれば常に男性に胸を揉まれたり、乳首を摘まれたりなどされることになります。
男性客もセクキャバ嬢の胸を目的として来客している人がほとんどなので、常触られ続ければ痛みを感じる事が多いのです。
セクキャバで乳首が痛い時の対処法と病気について解説します。

セクキャバの胸でのサービスについて

胸胸の皮膚は、そんなに丈夫ではなく乳首一箇所を延々とこねくり回されたり、抓られたり、舌で舐められたりし続けることで、確実に乳首が痛くなるのです。
人によって皮膚の強さなどは異なりますが、セクキャバでは乳首を舐められる事も多いのですが、舐められた場合は、唾液には消化酵素も含まれている事から肌荒れの原因となると言えます。
唾液で濡れた皮膚をそのままにしておく事で、皮膚が弱っているプラスアルファで、唾液が乾燥するのと同時に皮膚そのものの水分も奪われて、肌荒れには悪影響と言えます。

セクキャバ嬢として男性客に乳首を舐められ責められ続けると痛みはもちろんありますが、酷くなると、あかぎれのような状態になる恐れもあります。

乳首が痛い時の対処方法

保湿セクキャバに出勤していて乳首が痛いと感じる事はセクキャバ嬢であればよくある悩みですが、激しい痛みを感じる場合には完治するまでオロナインなどの消毒軟膏やクリームで安静にしておく必要があります。

出勤すれば何人もの男性を相手にして乳首を触られるので、安静にはしていられないですが、自宅に帰ったら乳首のケアはしておく必要があります。
セクキャバの仕事では胸は大きな商売道具なので、乳首の痛みが治るまで待っていたら稼ぐ事ができなくなってしまいます。
セクキャバ嬢として乳首が痛いままで働く際には、なるべく客に胸を触られない工夫をする事がベストです。
とは言っても男性客は少しでも胸を触りたいと考えて来客しているので、触られたくないと言うわけにはいかないです。

基本的にセクキャバ嬢として知らない男性に胸を触られて良いと感じる女性はいません。
仕事と割り切って多くの女性がセクキャバ で働いていますし、乳首が痛ければなるべく、そっと触ってもらったり、触らせないようにするにもちょっとしたコツと言えます。
乳首をあまり触られないようにするコツとしては最初に男性客を見極める必要があり、優しそうな男性客や物分りが良さそうな人であれば、ちょっと痛いから優しく触ってくださいと言えば、素直にわかってくれるものです。
ですが、気難しい客だと怒らせてしまうこともあるので、面倒臭そうだと思ったら、膝の上に、対面座位で座ってしまうと良いです。

胸をなるべくお客さんの胸板に押し付けて、強く抱きしめて、首筋や耳たぶ等をキスしたり舐めたりするのがおすすめと言えます。
積極的に胸を舐められたり弄られたりすることがなくなり、加えて胸が体と密着して触れているので、男性客的にも嫌な気分にしないで済みます。
胸を守られて、男性客はそれなりに満足できる、良策であると言えます。
胸のケアはしているけど出勤が多く治らないと悩んでいる女性は試してみることをお勧めします。

セクキャバで性病になる仕組み

最近セクキャバの仕事は風俗に比べて性病になるリスクが低いとされていますが、基本的にゼロではなく可能性はあるのです。
危険性が少ないとは言えセクキャバの性病になる仕組みは理解しておくべきといえます。
多くの女性が誤解している事でありますが、性病は接触しただけで感染る訳ではないです。

性病は粘膜と粘膜が接触する事で感染る可能性があるめので、接触しただけで性病になるのであれば日常的に多くの人が性病に感染していることになります。
セクキャバの仕事をする女性が気にする部分は、どこの粘膜が接触したら性病リスクが発生するのかということですが、性病の危険性がある粘膜は口の中やペニス、膣や尿道、肛門という部位になります。
セクキャバでの仕事にはキスやディープキスが仕事内容に含まれているので、性病のリスクはあると言えます。

セクキャバで起こりうる病気と対処法

セクキャバでは性病になる恐れがありますが、病気についても理解を深めておく必要があります。
キスや胸でのサービスで起こりうる病気は、喉に痛みが出て軽い発熱症状が出る咽頭クラミジアはディープキスが原因で感染します。
女性であれば80%は自覚症状がないそうで、大変な病気です。
淋菌によっておこる性病は、咽頭クラミジアと同じで喉の痛みや腫れ、微熱などが症状になりますが、95%の人は一回の点滴で菌が消滅すると言われています。

梅毒は、梅毒トレポネーマが、粘膜や皮膚の直接接触によって人から人へ感染する病気でセクキャバでも起こりえると言えます。
ヘルペスはまだ馴染みがあると思いますが、唇に症状が現れて、ヒリヒリ、ムズムズする感覚が特徴的で、赤く晴れてきます。
性病は種類が多くありますがもし完成した場合の病気の治療法としては、病院に行くことが先決です。
病気の中には、検査キットで分かることもありますが、気になる女性は早めに病院で検査を受けることが良いです。

基本的にセクキャバで性病に感染する事は少ないですが、感染したとしても治る病気であると言えます。
短いもので1日、長いもので数カ月と治療する事になりますが、良くない事は放っておくことです。
セクキャバの仕事をしていて最も感染しやすい病気としては咽頭クラミジアや咽頭淋病、口唇ヘルペスです。
セクキャバの仕事は病気のリスクは少ないですが、病気に感染する可能性もあるので、注意するべきと言えます。

男性客の事を考える

セクキャバでの仕事で乳首痛いと思っても、声に出す事は避ける必要があります。
男性客に不快な思いをさせてしまうので、相手を甘えさせてあげる感じがおすすめで男性客の気持ちを考える事が大事です。
男性客によっては乳首の触り方が雑で痛すぎる事もあり、その際には痛いとはっきり言っても良いです。

セクキャバで仕事をする際に乳首が痛い時には、自身の事だけでなく男性客の気持ちを考えることも大事です。
男性客のことを考えて仕事が出来れば、乳首の痛みはありますが、指名も取れるようになり収入面では安定させることが出来ます。
バランス良くセクキャバの仕事に向き合いましょう。

まとめ

出勤を多くしているセクキャバ嬢は、常に触られる事から乳首が痛いと感じる人も多いです。
乳首が痛い時には、なるべく客に胸を触られない工夫をする事、完治するまでオロナインなどの消毒軟膏やクリームを利用する事が大事です。
男性客は、セクキャバ嬢の胸を目的としている事も多いので、乳首を触られないようにするのは難しいですが工夫をすれば痛みによる負担は軽減する事が出来ます。
セクキャバでは性病という病気になる事は少ないですが、病気についても理解しておく必要があります。

セクキャバで起こりやすい病気と言えば咽頭クラミジアや咽頭淋病などですが、症状を理解してなるべく病院で治療をする事をおすすめします。
高収入が期待できるセクキャバで働く際には、多くの女性が経験する出勤数が多く、男性に弄られる事で乳首の痛みは通らざる負えないと言えます。
セクキャバ嬢としても乳首に痛みがあると仕事が思うようにいかないので、対処法や工夫を理解しておくと良いです。

稼げるセクキャバの見つけ方

スカウト型高収入求人サイトなら、待っているだけでお店からオファーが届きます!
もちろん、登録は無料なので安心して下さい!
探す手間がないから効率的に高額バイトが見つかります!

条件よいセクキャバが集まるサイトはこちら

Qプリ
ミミロケ

まずは、登録♪登録♪
アドバイス・相談
セクキャバのバイト入門

コメント