セクキャバのバイトで自由出勤はどんなメリット・デメリットがある?

キスや胸を触られるなどのサービスがあるセクキャバですが、気軽に仕事が出来て高収入と魅力的です。
気軽さから考えるとセクキャバは自由出勤と言う事で、好みの時間で仕事が出来るのです。
セクキャバのバイトで自由出勤のメリットとデメリットについてご紹介します。

自由出勤について

カレンダーセクキャバで働く際に求人に自由出勤と記載されている事が多いですが、そもそも自由出勤とは女性が出勤シフトを自由に決めることができる制度の事です。
お店によって自由出勤の考え方も異なりますが、平日に4日出勤する週や次の週は用事があり1日しか出勤しないなどの変則的なシフトでもあらかじめシフト表を出せば良いというものです。
自由出勤は、セクキャバで働く学生や掛け持ちしている女性などライフスタイルに合わせてセクキャバで働きたい人には嬉しい制度であると言えます。

自由出勤と聞くと、自由と言う言葉から連絡もなくドタキャンをして、勝手に仕事をしたりしなかったりしても良い訳ではないので注意が必要です。
セクキャバ店によって自由出勤の使い方は異なるので、あらかじめ確認しておく必要があります。
風俗に位置しているソープやデリヘルは、求人サイトを見ても完全自由出勤が認められていて、週1回や月1回でも仕事が出来るとされています。
理解しておくこととして、セクキャバはデリヘルなどと異なるためシフトや出勤の融通が利きにくい業種と言う事です。

基本的には、セクキャバの営業時間として地方は、夕方6時などにオープンする事から昼シフトを希望される場合には条件が合わないです。
都心部などのセクキャバでは昼からオープンしているお店も多いですが、12時から18時、18時からラストとシフトを二つに分けているお店が多いです。
そのために1時間や2時間だけ勤務する事は厳しいお店もあるのです。
大事な事はしっかりと確認をしておくことです。

セクキャバの求人には、月収100万以上や週1から自由出勤制など都合良く大量に募集していますが、セクキャバ求人サイトの90%以上は過大広告である事を覚えておく必要があります。
面接に多くの女子が来てもらうためというお店の思惑が隠されているので、待遇や条件など鵜呑みにするのではなく口コミやホームページをチェックしたり、実際に体験入店で仕事をしてみる事などを利用して出勤システムを確認しておく事をお勧めします。
セクキャバではキャバクラと同じ風営法で、法律的に1時までしか営業が出来ずに遅くまで仕事が出来ないです。
セクキャバでは、出勤システムに融通が利かせにくい事実はありますが、完全自由出勤制のお店であれば、問題はない程に融通は聞かせる事ができます。

セクキャバで働く際には、完全自由出勤を導入しているお店を選ぶ事が女性にとっても苦にならないと言えます。
お店によっては決められたシフトで出勤縛りのお店もあるので、面接時にしっかりと確認しておくのが肝要です。

セクキャバの自由出勤のメリットについて

Ok, Goodセクキャバではお店によって営業のスタイルが異なりますが、自由出勤のお店であれば多くのメリットがあります。

自由出勤のメリットは、シフトの融通が効く事が大きいです。
好きな日の好きな時間だけ、自身で仕事を選んで働くことが出来る事は大きな魅力です。
自由出勤が出来ないセクキャバもお店によって存在しますし、 最低出勤数などの制約がかかる場合がほとんどです。
体調が悪いから休む、急に予定が空いたからセクキャバで働くなどの選択が自身の意思で出来るのが最大のメリットです。
女性によってプライベートを優先するスタイル、稼ぐことを優先するスタイルは異なりますが、希望に合わせて利用出来ます。

自由出勤の自由度の高さは、楽しく仕事を続ける上で非常に大切なことです。

自由出勤のセクキャバであれば、別の仕事を掛け持ちが出来るメリットもあります。
昼職として一般企業でOLやカフェの仕事などをして夜にセクキャバの仕事をすることで、一般的な人のライフスタイルを保つことが出来ますし、夜型にならずに済みます。
掛持ちをする場合には企業の許可が必要になるので、注意が必要ですが、空いた隙間時間を収入につなげることが出来るのは大きな魅力です。

自由出勤にすればセクキャバでは日払いになるので頑張ったその日にお金がもらえるので、確実にその日にお金が欲しいという人でもおすすめです。
生活していれば急にお金が必要になったり、出費がかさんだり、欲しいものがあるなど自由出勤でその日に給料をもらえれば嬉しい事ですし最近の女性のスタンダードなスタイルであると言えます。
仕事をしたいと思った時が給料日というまさに夢のようなスタイルです。
自由出勤のセクキャバでは、お店によりますが辞めたいときに辞めることが出来る気軽さも大きなメリットと言えます。

お店にもよることがポイントですが、セクキャバの中には通常であれば1か月前に申告する必要があったり面倒なことも考えられますが、自由出勤のセクキャバであれば煩わしさも感じずに済みます。
自由出勤は働きたいときに働けるということなので、辞めることもすぐできて、仕事はすぐにしないなどの働き方を選ぶことが出来ます。
セクキャバとイメージするとノルマや本指名など営業が必要ということを想像する女性も多いと思いますが、自由出勤のセクキャバであれば営業が必要ないことがメリットに挙げられます。
日常的に仕事をしている嬢であれば、男性客に連絡をして営業したり、メールの交換をプライベートな時間でも行う必要がありますが、自由出勤であれば営業をすることは少なくて済むと言えます。

在籍を常にしている嬢であれば、男性客とアフターでデートをしたり、時間を使う必要もありますが、精神的にも負担がなく仕事が出来ます。
働くお店によっても営業については差はあると思いますが、基本的には自由出勤であれば自身の意思で選択することも出来ます。
プライベートとセクキャバでの仕事を切り離すことが出来るので、ストレスフリーのワークバランスを保つことが出来ます。
当然指名がなければ高収入をプラスアルファで稼ぐ事は出来ないのですが、それでも時給はセクキャバは高額なので、満足できるお金を得ることが出来ます。

一般的なセクキャバ嬢であれば、じきゅの発生する出勤時間外でも労力を使うことになり、営業メールや電話、同伴出勤での食事やデート、次につなげるための接待などやるべきことは多くあるものです。
営業をしたとしても確実に実がなるわけではないので、嫌だと感じる女性も多いものです。
自由出勤であれば、好きな時間に仕事が出来るので、営業の手間がない事は働く女性にとっての大きなメリットです。
セクキャバで働く上で自由出勤は、メリットが多く好きな時間を選んで仕事が出来るということが一番大きいと言えるメリットと言えます。

セクキャバの自由出勤のデメリットについて

No, Badセクキャバの自由出勤は、好きな時間に仕事が出来るノルマなどの営業がないなど気軽に働けるメリットがありますが、当然デメリットも存在します。
デメリットはセクキャバ嬢として自由出勤のお店働く上では理解するべきで、一つが得られる給料に影響しています。
セクキャバの自由出勤のデメリットの一つに得られる給料は基本的に時給のみと言えます。

日常的に仕事をしているセクキャバ嬢に比べれば指名を取る事は難解で、バックが付くことは殆どないです。
セクキャバの仕事の醍醐味は、多くの指名を獲得して時給よりも高いバックを取ることと言えます。
バックは指名バックや同伴バックなどで給料を上乗せしていきますが、自由出勤でのスタイルであれば上乗せすることが出来ないです。
基本的に得られる給料は時給のみで、高額な時給は約束されていますが稼いでいるセクキャバ嬢と比べると天と地の差であると言えます。

時給のみが基本的な給料になると考えるとセクキャバ嬢自身のモチベーションにも影響してくるデメリットがあります。
好きなタイミングで仕事が出来ないこともある自由出勤のデメリットに当てはまります。
セクキャバで多く出勤している嬢であれば、ある程度の出勤日数が確保されていますし、暇な時期でも仕事に困る事はないです。
時期によっては自由出勤のセクキャバ嬢が働けなくなり、普段仕事をしているセクキャバ嬢の方が当然信頼も厚く、優先度は高いと言えます。

暇な時期にはお店側としては早上がりや働けないということが起こりうるので、注意が必要です。
セクキャバでは、基本的に深夜1時までの営業と定められているので、帰りの交通手段が困る恐れがあります。
都心であれば遅くまで電車があるので、問題ないと思いますがマイナーな駅を利用している女性であれば交通面では大きなデメリットと言えます。
お店によって特徴はあるものの基本的に常に在籍している女性であれば、スタッフの送迎などがありますが、自由出勤で入る場合には送迎がないことが多いのです。

頻繁にお店で働いてくれる女性の方がお店的にも優遇は高く、タクシーなどで無駄な出費がかさんでしまう恐れもあります。
タクシーで無駄な出費をしてしまったり、お金がもったいない事から夜道を女性が一人で歩くのも怖いと感じると思います。
送迎の有無も重要なポイントだと思います。
自由出勤のデメリットとしては同じ仕事をしている嬢や男性客から相手にされないということは否めないです。

容姿端麗でも品行方正でも自由出勤であまり出勤しない嬢は良く思われない傾向にあります。
セクキャバ嬢のイジメもかなり陰湿な場合もあり、精神的にダメージを受けてしまうことも多いです。
在籍している嬢に比べれば、たまに出勤してくる嬢はあまり良く思われないことは当然ですし、自由出勤の嬢もストレスを人間関係で抱く場合も多いのです。
人間関係は、セクキャバの仕事関係なくどの仕事でも影響するので、精神的に図太い人の方が自由出勤には向いていると言えます。

自由出勤での注意点について

セクキャバで自由出勤はメリットもデメリットもありますが、セクキャバでは事前にスケジュールを提出して、基づかれた営業のシステムが決められているのです。
自由出勤だとしても早めにお店には出勤を伝えておく必要がありますし、やってはいけないこととして連絡なしでも遅刻やキャンセルです。
仕事の日になって急に体調が悪い事や病気になるなど、イレギュラーはあると思いますが、その時には正直に現状を伝えることが肝要です。

基本的に分かった時点でお店に連絡をしておけば、特に問題にはならないと言えます。
当日にドタキャンしてしまうとお店側は代わりの嬢を探すことになりますし、在籍している嬢からも白い目で見られることになり、お店の信用も大きく失うという絶望的な状況になります。
お店側も出勤できる信用のある女性を優先的にフリー客を回してあげようと考えるので、自由出勤とは言えドタキャンはしてはいけない行為です。
稼ぎも減る事になり、お店にいることが出来ない環境で、結果として干されてしまうこともあるので、注意が必要です。

完全自由出勤制のセクキャバであっても当日の無断欠勤は間違いなく自分の首を絞める結果になるので、遅刻や欠勤する時は確実に電話連絡で理由を伝える必要があります。
基本的にはセクキャバで働いているというしっかりとした気持ちがあれば、仕事を前向きに捉えることが出来ていれば、遅刻やドタキャンはしないものです。

まとめ

風俗までは過激ではなくキャバクラよりも踏み込んだサービスが特徴的なセクキャバの仕事ですが、セクキャバ店には自由出勤が認められているお店もあります。

お店によって異なるので、自由出勤で好きなように時間を使って仕事をしたい人は事前に調べておくことや面接で確認しておく必要があります。
自由出勤にもメリットとデメリットが存在していますが、メリットとしては、自分の好きな時間に仕事ができることや昼職と掛持ちが出来たり、営業をする必要もないということです。
反対にデメリットを考えると時給以外の給料が繁栄されることが難しくバックが取れない事が大きなデメリットとして挙げられます。
多く出勤しているセクキャバ嬢からもよく見られないので、いじめの対象であったりお店側も多く出勤してくれる嬢の方が信頼を置いています。

セクキャバは稼げる仕事なので、自由出勤で稼ぐ事はメリットとデメリットを理解して選択する事が肝要です。

稼げるセクキャバの見つけ方

スカウト型高収入求人サイトなら、待っているだけでお店からオファーが届きます!
もちろん、登録は無料なので安心して下さい!
探す手間がないから効率的に高額バイトが見つかります!

条件よいセクキャバが集まるサイトはこちら

Qプリ
ミミロケ

まずは、登録♪登録♪
仕事内容
セクキャバのバイト入門

コメント