セクキャバで働く上でのバンス制度について

オッパブと呼ばれるセクキャバで働く女性は、高時給が期待出来る仕事ではありますが、それぞれ事情があって働いています。
その中でどうしてもお金がすぐに必要になる事は、遊びすぎや借金など影響していることが多いです。
お金がすぐに必要な場合でもセクキャバでは、バンス制度というのがあり給料の前借をすることが出来るお店が多いのです。

便利に利用することが出来るセクキャバのバンス制度についてご紹介します。

バンス制度とは

お金 手そもそもバンス制度とは、前借のことで、セクキャバ嬢がお店から借金することで働いていない事を前提に給料をもらうことです。
セクキャバ店がセクキャバ嬢にする前貸しのことをバンス制度と言います。

バンス制度はとても魅力的ですが、注意点としてはセクキャバ嬢全員がバンス制度を利用することが出来るわけではないということです。
お店側からするとリスクしかなくセクキャバ嬢が飛んでしまうかもしれない事から信用できる嬢にのみ利用できる制度であると言えます。
お店によってバンス制度を利用できる嬢の基準も異なるのですが、個人情報を全掲示することを条件としているお店も多いです。
バンス制度は、個人間の信頼関係の契約ということを理解しておく必要があります。

バンス制度はいくら借りられるか

バンス制度は給料の前借のことで、嬢にとっては魅力的な制度ですが、気になるのはいくら借りることが出来るのかということです。
バンス制度で借りることが出来るお金は、お店の店長によっても異なりますが、セクキャバは時給制なのでお店側が返済の目途を立てやすいことから比較的高額でも借りることが出来ると言われています。
お店によってバンス制度の上限は異なるので一概には言えないですが、バンス制度を利用する女性の信頼度とお店の規模にもよると思います。

セクキャバ店にとって有益な女性であれば、逆にバンスをしてお店を辞めないように縛り付けておくお店もあります。

返すシミュレーションをしておくこと

チェックバンス制度は気軽に給料の前借をすることが出来て便利ですが、返済のシミュレーションをしてイメージしておくことが大事です。
セクキャバでは日給も高く平均時給で考えると一日でも稼ぐ人は10万円近く稼ぎます。

出勤日数と考えて、得られる収入からバンスで前借したお金を返していくことになるので、大体何日で返済出来るかを確認しておくと良いです。
200万円バンズして前借したとしても、1日2万円稼いで、月に25万円の返済をすると考えれば、8か月で完済することが出来ます。
高額のバンスで前借しても比較的早いスパンでお金を返済できるのがセクキャバとしての仕事のメリットとも言えます。
200万円のバンスを承諾してくれるお店も少なく、かなりの信頼関係を作る必要があると言えますが、便利に利用できる反面、返済のことを考えておく必要があるのです。

しっかりと返済することを念頭に置くことが大事です。

セクキャバでバンス制度取り扱いが多い理由

財布給料の前借のバンス制度ですが、セクキャバの求人ではバンス制度を適応しているお店が増えています。
理由としては、セクキャバは基本的に関東圏で盛り上がっていることから出稼ぎにきた女性の事情を考えてバンス制度を適応していると言えます。

セクキャバは稼げる仕事ではありますが、業界的に人手が足りていない現状があります。
加えて、時給制のセクキャバは、フリーで来店した男性客にバンズした女性をつければ元手が回収できるので、お店の店長からしても回収しやすいメリットがあります。
セクキャバで働こうと考えている女性は、出来れば使わない方が良い制度ですが、お金が必要な場合にはバンス制度について理解してから使ってみることをお勧めします。

まとめ

セクキャバで働いている女性は、お金のために仕事をしている人がほとんどですが、セクキャバにはバンス制度が存在します。
バンス制度とは、お店側から借りる給料の前借のことで、英語でインアドバンスという事からバンスと言われています。
バンス制度は、セクキャバ店とセクキャバ嬢との信頼関係で成り立つもので、全てのセクキャバ嬢が利用できるわけではないことは理解しておく必要があります。
いくら借りることが出来るかもお店の規模や嬢の信頼度によっても異なりますが、バンス制度を利用したとしても返済のシミュレーションをして計画立てが大事になります。

セクキャバでは時給制なので、高時給やバックで比較的早めに返済が出来るので、気軽に利用している嬢もいます。
注意点としてバンス制度を利用しても次の給料から返済していくことになるので、返すお金であることを忘れないことがバンス制度を利用する上での基本です。
最近では出稼ぎの女性のためを考えてバンス制度を適応しているセクキャバ店も多いので、利用して便利に生活、仕事をしていくことが肝要です。

コメント