下着は何枚持って出勤してる?セク嬢のパンツ事情

セクシーキャバクラ略してセクキャバは、普通のキャバクラに比べてキスや胸を触られるなどのサービスが特徴的ですが、時給も高く年齢関係なく働く女性が多いです。
セクキャバでは、基本的に衣装はお店によって異なりますが、セクシーな下着や露出の多い姿で仕事をする事が一般的とされています。

お店によって特徴があり、下着姿で接客するのか、服の上から触られるのかなど、お店によっては下着を何着か用意しておく必要もあります。
人によっては強引に胸を触る人も多くセクキャバ嬢からすると嫌がられるポイントにはなりますが、その際に下着が切れてしまったり伸びてしまうと次の男性客にそのままで接客しなければいけない事になります。
そのためセクキャバ嬢として働く際には、下着を用意しておく必要があり、セク嬢のパンツ事情について紹介します。

セクキャバの仕事中の恰好について

ドレスセクキャバで仕事をする上での恰好は、お店によって異なりますが、大きく分けると2つのパターンがあり、自分でドレスを用意するかお店に制服があるかになります。
仕事中は、上半身裸になる事がセクキャバでは多いのですが、洋服や下着の中に手を入れて触られるパターンもあり、お店によって大きく異なります。
ドレスやスーツ、キャミソールや下着姿などセクキャバではお店のコンセプトによって仕事中に着用する格好が異なります。
お店によっては、コスプレを着用する事もあるので、セクキャバでの仕事中の恰好については確認しておく必要があります。

一般的なセクキャバでは、尻なども触られる事から男性からも喜ばれるTバックを履いている女性も多いです。

一枚で着回す事は不可能

下着姿でセクキャバで接客する場合には、下着を用意する必要があります。
嬢によっては何枚も用意するのが面倒くさいし高いと考える人も多いです。

セクキャバは、個人のルックスやスタイルなどの部分の影響は大きく、男性客としてもキレイな女性とお酒を楽しみながらイチャイチャしたいと考えるものです。
出勤日数によっては、セクキャバ用の下着一着で回せる場合もありますが、一般的なセクキャバ嬢と考えると難しいです。
基本的にセクキャバ嬢は、身なりに気を遣うことも仕事の一つとされているので、毎日同じ下着を一着で着回すという行為は避けた方が良いです。
セクキャバ嬢として人気が出たとして、常連客になれば、週に3日以上のペースで来店するケースもあり、毎回同じ下着で接客すると考えるとイメージも良くないです。

着用している下着の一着が高級品でも着まわしている下着を使っているとルーズな印象を与えてしまうと言えます。
セクキャバで接客をする際には、下着一枚では不可能であると言えます。

必ず予備の下着を用意しておく事

下着セクキャバの仕事をする際には、一枚ではなく予備の下着を用意しておくことが肝要です。

セクキャバのお店によってはドレスやキャミソールなど指定されている事もありますが、セクキャバでは出勤すれば1日に何人もの男性客と接することになるので、何かあった時に対応出来るように何枚か下着を持っておくと良いです。
特に下着姿で接客をするお店の場合には、3枚以上予備を持っておくことも大事です。
出勤時間に指名が入っていれば下着を変えて行くことも出来ますので、セクキャバで働く上では何枚か用意しておく必要があります。
セクキャバ嬢によっては5枚程下着を用意していて、予備用と指名した男性客によって下着を着回す事をしている嬢もいます。

下着を着替えることで、衛生面でも良いですし指名した男性客に対して特別感も出すことが出来るので、セクキャバでは下着は大きな営業ツールの一つになると言えます。
いちいち下着を着替えるのは面倒だと感じる嬢は多いですが、下着という細かい部分でも工夫して指名などにつなげている嬢もいるのです。
基本的にセクキャバで働く嬢は、下着の上から触られてしまい汚れてしまう事や強引に脱がされて壊れてしまう事を考えて、仕事中と行き帰りで違う下着を使っている女性が多いと言えます。
セクキャバでは、容姿や顔、立ち振る舞いなども大事になりますが、下着も大事で、生地によれができたり、糸がほつれたりしたものを仕事で使う事は出来ないです。

下着には気を遣う事をセクキャバ嬢であれば理解しておくと良いです。

セクキャバ嬢の下着選び

セクキャバで働く事を考えると胸を揉まれたり舐められたりというサービスがあり、下着の上から触られる事もよくある事なので、下着の予備は大事と言えますが、気になるのがセクキャバ嬢の下着選びと言えます。
男性客に見られるわけなので基本的にはセクシー系やラブリー系など主張の強い下着が目を惹くのではないかと言えます。

基本的には、セクキャバ嬢の服装は、店によってさまざまなパターンがあるので働く際には確認しておく必要があります。
セクキャバ店で指定の制服がない自由の下着を着用して良い場合には、自由度が高いメリットがありますが、その分自分で選ぶ必要がありお金もかかります。
なるべく安い金額で下着を抑える事も大事ですが、下着姿で接客するセクキャバの場合にはある程度見た目が良いものを選ぶ必要があります。
下着選びについては嬢の好みが大きく左右されるので、予備の下着も含めて考えて選ぶ事が肝要です。

人気が高いのは、プチプラ系の流行の下着ブランドで、ピーチジョンやエメフィール、アモスタイルなどが支持されています。
客に触られる物なのであまり高い物を買う必要は無い事を意識しつつ下着選びをすると良いです。

下着フェチの変態客

下着セクキャバで働いていると特殊な性癖を持つ男性も来客します。

セクキャバ嬢あるあると言えますが下着フェチには要注意で、存分に下着を堪能する男性はセクキャバ嬢の下着を唾液まみれにします。
次の仕事があってもこれ以上着用する事に躊躇してしまう程に汚されてしまう場合もあります。
洗うよりも捨ててしまう女性も多いので、そういう変態的な男性客にあたってしまった時の為にも予備の下着が必要になるのです。
加えてお気に入りの下着を着用して変態客に下着をだめにされると精神的にもダメージが大きいのであまり高い下着を付けない方が良い理由の一つになります。

あまり変態客にあたることは多くはないですが、セクキャバ嬢として経験がある人が多いので油断は禁物です。

まとめ

セクキャバで働く際にセクキャバ嬢は、下着は予備を持って出勤している人が多いです。
どんな格好で仕事をするのかにもよりますが、下着姿で接客する場合には、男性客に強引に下着を壊されてしまう事や使っているとダメになったりなど、1枚だけではほぼ不可能であると言えます。

何かあった時のためにも下着は多く予備を持って出勤する事が肝要です。
下着の選び方としては、男性客に触られるだけなので、あまり高価な下着はお勧めできないですが、可愛らしさも必要です。
セクキャバ嬢に人気が高いのは、ピーチジョンやエメフィール、アモスタイルなどのブランドです。
ちなみにセクキャバではお尻を触られる事もあるので、男性が喜んでくれるTバックを履いて出勤しているセクキャバ嬢もいます。

セクキャバでは、お店のコンセプトによっても下着の重要性は異なりますので、しっかりと働くお店の特徴を理解して下着を用意する事がおすすめです。

稼げるセクキャバの見つけ方

スカウト型高収入求人サイトなら、待っているだけでお店からオファーが届きます!
もちろん、登録は無料なので安心して下さい!
探す手間がないから効率的に高額バイトが見つかります!

条件よいセクキャバが集まるサイトはこちら

Qプリ
ミミロケ

まずは、登録♪登録♪
アドバイス・相談
セクキャバのバイト入門

コメント