セクキャバ嬢から嫌がられる客の特徴

セクキャバは、キャバクラよりも過激なサービスが男性からの支持を集めていますが、高時給で夢のある仕事でもあるので、働く女性は多いです。
一日に多くの男性を接客する事になるセクキャバ嬢ですが、中にはセクキャバ嬢が嫌だと感じる男性客も存在します。
セクキャバ嬢から嫌がられる男性客の特徴はセクキャバで働く上では知っておくべきポイントと言えます。

セクキャバの利用されるシーン

お酒セクキャバは、多くの男性が来客しますが多く利用されるシーンとして2次会での利用です。
サラリーマン同士の飲み会や若い男性同士の飲み会など2次会としてセクキャバは利用されやすい特徴があり、キャバクラよりもエロい事が楽しめて料金は高くない事から支持されています。
年齢を重ねた男性は、胸を触りながら酒を飲みたい人達も多く来客されます。

目当ての女性とアフター出来なかった男性もセクキャバには多く訪れますし、風俗に抵抗のある男性にもセクキャバは人気があるのです。
結果的に多くの事情を持つ男性がセクキャバには訪れるので、幅広い男性客がいる事からその分嫌だと感じる客も多く存在する事になります。

セクキャバ嬢が嫌がる客の特徴

セクキャバでは一般的なキャバクラよりも過激なサービスが人気ですが、セクキャバ嬢が嫌がる客も多く居ます。

セクキャバ嬢が嫌がる男性客の一人に乳首を噛んでくる客が当てはまります。
当然セクキャバでは胸を使ってのサービスがありますが、乳首を甘噛みして喜ぶ嬢はほとんどいないと言えます。
加えて執拗に乳首をイジるのも痛みがあるので、嫌だと感じると言えます。
セクキャバの仕事は、胸と乳首を常に使うことになるので、仕事に支障が出る事も考えられます。

男性の中には苦痛の顔をしている女性を見たいという性癖を持っている人が多いので、Sな人はセクキャバ嬢から嫌がられるケースが多いと言えます。
セクキャバでは、過激なサービスとは言え、胸とキスまでで男性からすると少し物足りないと感じるものです。
そのため、指入れを強要してくる男性もいますし、セクキャバ嬢から嫌がられる客に含まれます。
男性として気持ちは分かりますが、下半身への指入れはセクキャバ嬢的にもセクキャバ店的にもダメな行為とされています。

セクキャバで働いていて、もし下半身に手を伸ばして来たら遠慮せずにガードして、しつこいのであれば、ボーイを呼んで対処してもらうと良いです。
男性の中には、デートにしつこく誘ってくる客も多く、セクキャバ嬢から嫌がられるケースが多いです。
しつこくガツガツ誘われると誰でも嫌になりますが、セクキャバでは嬢を口説く男性客がとても多いのが現状です。
デートに誘われてもアフターに応じる必要もないですし、お店も推奨していないと言えます。

基本的にセクキャバ嬢は、胸を触ってお酒を飲んで喋って帰っていく普通の客が良いと思っている事が殆どです。
セクキャバ嬢の嫌がる男性として嬢の見た目をけなしたり、余計なお節介をしてくる客も当てはまります。
セクキャバで働いている事依然に、見た目をけなされると誰でも良い思いはしないです。
泥酔をしている男性客もセクキャバ嬢から良く思われない嫌がられるケースが多いです。

泥酔している客の接客には注意が必要で、千鳥足でぶつかってグラスなど割ってしまったり、吐いてしまうなど周囲に迷惑をかけてしまう事があります。
二次会として利用される事の多い、セクキャバなので泥酔が酷いと嬢に暴言や迷惑をかける事も想像できると思いますが、嫌な客に分類されます。
基本的に嬢が嫌な客だと判断するのは、注意事項を守らない男性であると言えます。

最もセクキャバ嬢が嫌だと感じる客とは

拒否セクキャバでは男性と会話する事、コミュニケーションをする事になりますが、会話していて嫌な客だと感じる嬢も多いです。
実際に話してみて、お客様は神様という勘違いしている男性はセクキャバ嬢に嫌がられます。
お金を払っているのは男性客ですが、何をしても良いわけではないですし過激なボディタッチなどお客様は神様という勘違いから平気でしてきます。
偉そうな態度もセクキャバ嬢から嫌われますし、役職や肩書などはセクキャバ嬢にとってはどうでも良い事とは分かっていないのです。

挙句の果ては、なんでこんな場所で働いているんだと説教してきます。
デリカシーのない発言が多い男性は嫌われる事が多く、特に年配の男性に多くみられます。
偉そうな態度や説教をしてくる男性客は多いので、セクキャバ嬢として仕事をする場合には気を付ける必要があります。

セクキャバが考える良い客

セクキャバの仕事をしていて良い客だと感じる男性の特徴としては、綺麗に遊んでくれる男性です。
綺麗に遊ぶと聞くとイメージしずらいですが、胸を触りながらお酒を楽しむ男性客のことで、セクキャバのルールに従って遊んでくれる客です。
ガツガツとした口説くような行為もせずに主に女性と会話を楽しみながら紳士的に接してくれる男性は、セクキャバ嬢が好む客と言えます。
加えて内気な男性も接客が楽という嬢も多く、遠慮しがちな男性であれば、嬢が主導権を握る事が出来るので、セクキャバ初心者の男性も含めてセクキャバ嬢が得した気分になれるのです。

セクキャバ嬢が遊び方や接客の楽さで良いと感じる男性客は少ないですが、中には紳士的な男性も存在するのです。
落ち着いた大人の男性は、お金を払っている身でもセクキャバ嬢のことを考えてくれるので、セクキャバ嬢としても安心して接客が出来る良い客として考えています。

嫌がられる客のかわし方

セクキャバでは出勤すると多くの男性を接客される事になりますが、困った男性客をかわす方法を理解しておく必要があります。

基本的に横に付いた男性客が嫌だと感じる男性でもあっても男性客をチェンジする事は出来ないので、工夫をする事が大事になります。
セクキャバでは胸を触られたり、舐められたりしますが、嫌がられる客の一つに乳首を甘噛みしてくる男性がいます。
強く触られたり、甘噛を頻繁にされる時には、男性客に敏感だから優しくしてと伝える事で、多くの男性は優しくしてくれます。

方法としてはベターですが、王道の方法であると言えます。
優しく言ってもダメな男性の場合には、痛いから無理だとしっかり伝える事も大事です。
胸を触っていて興奮した男性はよく下半身の指入れや本番を強要してきますが、かわし方としては禁止であることをしっかりと伝える事です。
興奮状態にある男性を説得することは簡単ではない場合も多いですが、最悪スタッフに伝えて対処してもらう事も一つの方法です。

デートに誘われる事もあり、それは基本的に嬢によりますが嫌だと感じる場合には、きっぱりと断る事が大事です。
嬢によっては指名につなげるためにデートをする人もいますが、お店側も推奨してない事ですし、する必要もない行為なので、断る事がベターと言えます。
泥酔している客の対処方法は、寝てもらうのが一番面倒にならない方法で、背中をさすってあげたりしていれば寝てくれる男性客も多いので、冷静に対応する事が肝要です。
セクキャバでは嬢の嫌がる男性のパターンが多いので、大変に感じますが自身で対処できないと感じた場合にはどんなシーンであれ近くのスタッフを呼んで対処してもらえば安心して仕事が出来ると言えます。

嫌な客のストレス解消法

飲み会セクキャバ嬢として仕事をしていると接客するのが嫌だと感じる客にも接客はしなければいけないものです。
嫌がられる男性客の種類は豊富と言えますが、どうしてもセクキャバ嬢としてストレスが溜まってしまうものです。
通常働いていてもセクキャバの仕事は大変なのでストレスが溜まりますが、嫌な客程ストレスに感じる事はないのです。

そのためストレス解消を定期的に行う事が必要で、人それぞれ好きな事や自身のストレス解消法があると思います。
おすすめのストレス解消法としてペットに癒しを求める事で、深夜営業しているペットショップも人気があります。
セクキャバの仕事をしていると住居環境や仕事のスタイルが不規則と言う事からペットを飼育できない嬢も多いのですが、ペットを見るだけでも癒しの効果を期待出来ます。
お酒が好きなセクキャバ嬢であれば仕事終わりに仲の良いセクキャバ嬢と飲みに行く人も多く、同じ業種で働いている事から愚痴を言いやすくストレス解消法としておすすめです。

定期的なストレス解消で、嫌な男性客のことを忘れてしまう事が肝要です。

まとめ

セクキャバはキャバクラよりも過激なサービスが人気で多くの男性が訪れますが、二次会での利用や胸を触りながらお酒を飲みたい男性が多く訪れます。
その中でセクキャバ嬢が嫌がる男性は、泥酔している男性や説教してくる男性、胸の触り方が雑、乳首を甘がみしてくる男性、デートに誘ってくる男性や口説こうとする男性など多岐に及びます。
基本的にセクキャバ嬢が嫌だと感じる男性は、嬢にもよりますが、説教してくる男性は多くのセクキャバ嬢から嫌われる客の筆頭と言えます。
嫌だと感じる男性客には、我慢して接客する事も大事ですが、優しく断る事などの対応が必要ですがどうしても無理な場合にはスタッフに伝える事が肝要です。
セクキャバ店もセクキャバ嬢のことを考えてくれるのでしっかりと対処してくれます。

高収入のセクキャバの仕事ですが、嫌な客を対応していると当然ストレスがたまるので、深夜営業のペットショップやセクキャバ嬢同士で飲みに行くなどのストレス解消をする事がおすすめです。
セクキャバとしての仕事は大変ですが、高収入が得られるので嫌な男性客の特徴を理解して、その対処方法やストレスのはけ口を見つけておくことが肝要です。
セクキャバ嬢から嫌がられる客も多いですが、紳士的な男性客もいるので、前向きに仕事をして稼ぐことをお勧めします。

コメント