セクキャバ体入荒らしって犯罪のように言うが何が悪い?

セクキャバには体験入店があります。正式入店する前に働けるのかお試し期間になります。
体験入店であっても正式入店とかわらず、普通に仕事をしますが、あわなかったらやめていいのです。
その体験入店に体入荒らしって言葉があります。なんかかなり悪いイメージですね。
いったいどのようなことをしたら、体入荒らしと呼ばれるのか、何が問題なのか知っておくほうがよさそうです。チェックしておきましょう。

セクキャバの体入は働く人のための制度では?

セクキャバの体験入店は、面接で採用された女性が、どうしようかと迷う人もいますね。
女性の心理的ハードルをさげるため、風俗店が考えた制度になります。お試しで働いてよかったら正式に入店してね。というものです。
どのような仕事か面接で聞いていても実際は働いて見ないとわかりませんね。
慣れるということより、働けるかどうかを体験入店でチェックするのです。
また、体入して面接で着たい内容と実際の仕事内容があっているかチェックもします。
面接では契約内容を会話のなかでやりとりしますが、すべてを聞くことはできません。お互いの認識の違いもあるかもしれません。
それら体験入店を通して女性はチェックするのです。
体験入店でチェックすることをまとめました。

仕事内容

仕事内容は、酒をつくって接待をする。上半身サービスでバストをさわる・もむ・乳首をなめる・キスするなどです。
これがサービス時間内ずっとする継続性か、何分かに1回するハッスルタイムなのかです。
仕事内容が一致しているかチェックするのです。

客入り

もっとも重要なことに客入りがあります。セクキャバの給料は時給計算するので、客入りは関係ないと思いますが、集客がないと歩合給はありません。時給もアップすることもありません。
客入りが悪くて暇なお店で働くと、一見ラクでいいと思うでしょうが、稼ぎから考えていいことになりません。
客入りをチェックするには、週末でも忙しい時間帯を選ぶようにしたほうがいいでしょう。
忙しい曜日・時間帯に体験入店して客入りが悪ければ、やめたほうがいいでしょう。

稼ぎ

稼ぎは給料のことですが、体験入店が終了して帰る前に現金が手渡しになります。
その金額が面接で気いた内容と同じなのか、時給はいくらなっているか、歩合給の計算はどうなっているか、雑費も差し引かれるので、その金額もどう計算されたかなどチェックするのです。

客層

客層も重要です。セクキャバ店の場所によって変わります。どのような男性がお客さんになっているかチェックしてください。
風俗店は場所によっては、ヤンキー・半グレのような人が多く来店することもあります。
客層はそうかわるらないので、体験入店で出入りしている男性をあなたのお客さんだけでなく、周りのお客さんもチェックします。
ややこしいお客さんでも問題なく対応できるのだったらいい。
このように体験入店は、お試しであっても仕事に慣れる。できるかどうかを判断すること以外に、あなたがチェックすることはたくさんあります。

体入で試してダメだったら辞めることはできない?

体験入店はあくまでお試しなので、そこでゴタゴタしてやめることができない。そのようなことはありません。
体験入店が1日から3日くらいになりますが、その期間でどうするか判断して、ムリだと思ったら正式入店しなければいいだけです。
なかには1日も働けない女性もいます。お客さんに一人サーヒズをしてもう無理と思った人です。
そこでやめたいと言う人もいます。

体入荒らしはそもそも働く気がない人

体験入店で問題になるのが、体入荒らしです。
ネットでは体験入店ですぐにやめるような女性はくるなという情報も目にしますが、それは言いすぎです。
そのような言葉は耳を貸す必要はありません。
ただ、体験入店をするが最初から続ける気がなければ問題です。
体験入店の給料もらうことを目的で本入店する気がない人もいることで、ネットで体入荒らしのような人は応募して欲しくないと気持ちが過激になって表現しているのです。
体験入店はお試しであることは間違いありませんが、それはあくまで正式入店するためのかけはしのようなもので、全く入店する気がない女性に対して用意した制度ではないのです。
女性の不安な気持ちを解消するため、時間をさいてわざわざお客さんをつけて経験してもらっているのです。
セクキャバ店の好意を踏みにじる一部の女性がいるのです。そのような女性が体入荒らしをしている人です。
セクキャバ店からすれば、やる気がないならはじめから応募するなと言いたいのです。
これを読んで体入荒らしのことが理解できたと思いますが、絶対そのようなことはするべきではない。

まとめ

セクキャバ体入荒らしは、一部の心無い女性がする行動になります。人の好意を踏みにじるような行動はしてはいけません。

コメント