自宅から遠いセクキャバ店で働きたいが交通費支給されるのか?

都会在住だったら、いくらでも風俗店があるのでお店選びには困らないと思います。
都会から離れていたら、少し話は違ってきます。それは通勤にかかる交通費です。
この金額はばかにならない。1日往復3000円だったらそれだけで6万もかかってしまう。終電に間に合わないでタクシーなんか使えば1万はかかる。
セクキャバ店で働きたいと思ったとしても考えますね。交通費支給はしてくれるのか、チェックして見ましょう。

セクキャバの面接では片道交通費支給はある

待遇面のところでは一切交通費のことにふれていることはありませんが、面接は交通費支給しますと記載されていますね。
ただ、その金額はいくらなのかは不明です。地方から新幹線でいった費用まで負担してくれるのか?それとも支給はするが一部だけで、あとは自己負担なのか、わからない。
そうですね。
求人の「面接の際は交通費支給します」は、面接にわざわざきてくれるのだから、そこまでしてきてくれるのだから、交通費くらいは現金で手渡ししますと言う意味はわかりますが、その現金の上限については一切さけていませんね。
あくまで、面接の交通費支給は求人応募を増やすためのものであって、その負担を全部していたらセクキャバ店としてもコストがかかりすぎてしまう。
ましてや、飛行機や新幹線で着ましたと言われても支払うことはしません。
これは面接に行く日程を決めるやりとりのなかで、事前に聞く必要がありますが、だいたい、片道でけの交通費支給になります。
しかも、だいたい上限は1000円から2000円の範囲だと考えてください。
出稼ぎ風俗で長期期間働く確率が高ければ、負担することもありますが、遠いといっても通勤ができる範囲の人が面接に着たからと数万円支払うことはないのです。
セクキャバ店はケチではありせん。これは一般企業だったら、交通費は自腹であって一切の支給はありません。
入社したければ、自分で交通費支払って採用面接に来てください。そうなるだけです。
そんな甘い世界はありません。セクキャバ店は面接で一部交通費を負担してくれるのです。ありがたいことです。
ただ、面接は働くときに一度だけになりますが、働き出すとどうなるのでしょうかね。
まとめると、セクキャバ面接の交通費は一部負担してくれるだけで、上限は1000円から2000円までです。

セクキャバで働くとき交通費支給はどうなる

面接で一部支給されて、残りは自腹で支払うことはわかりましたが、働きだしてからはどうなるかが、一番の問題ですね。
面接であれば一時的費用でそれは仕方ないとわりきりますが、出勤したときの交通費支給がないと、稼ぎがあったとしてもかなり手元に残るお金が少なくなるのではと心配です。

セクキャバ店によって違う

セクキャバ店だけでなく風俗業界で交通費支給の考えは、お店により違ってきます。
地方で女性を集めるのが大変なお店であれば、交通費支給してでも女性に働いてもらうことはあります。
地方は都会のように終電が遅くまでありません。本数も少なく遅れれば帰れなくなってしまう。そうなれば女性も困ります。
そうかといって、働いている女性の全員に出勤のたびにタクシー代を支払っていたらコストがかってしまう。
そのような理由から送迎専用の運転手をバイトでやとって、女性の送迎をしているところもあります。
そうすれば、女性は自宅からお店までの移動を心配することはありません。ストーカーの心配もありません。
お店側としてもきちんと出勤してもらうこともできます。閉店まできちんと働いてもらうこともできます。
地方であれば、交通機関が不便であるが、送迎車を駐車する料金も安く管理できるのです。
都会であれば女性の募集も多くあり、お店側は近くの女性を優先的に採用すれば、女性の交通費負担もそれほどないので支給しなくても問題ありません。
地方のように送迎車を維持していくことは、とてもコストがかかってしまうのです。
まとめると、地方か都会か、セクキャバ店の事情によって交通費支給は変わってくるのです。地方であれば送迎で都会であれば近隣の女性に働いてもらうことで交通費支給はなしになっているのです。

交通費支給がないところのほうが多い

送迎といっても距離にもよります。セクキャバ店から1時間以上かかるようなところから、送迎することは困難です。
都会のセクキャバ店では、近隣女性を中心にバイトしてもらうといっても理想であって、現実的には難しいこともあります。
女性が集まらなければ、お店として回していけないので、少し遠い自宅の女性であっても採用して働いてもらいます。
交通費支給については、どのセクキャバ店も「なし」のところが多いようです。
一般の会社だったら面接の交通費支給はなしですが、働きだしたら交通費支給は自宅から会社まで、自動車を使う場合は通勤距離によってガソリン代で支給するか、公共交通機関で使用した料金、定期代を支給しますが、セクキャバ店というか風俗ではそれがないのです。
あるとしたら送迎で対応するのです。
ネットの求人サイトのこだわり条件とか、詳細条件というところには、「交通費支給あり」はないです。あるとしたら「送迎あり」です。
交通費支給がなかったらセクキャバ店で働いても交通費で手元に残るお金が少ない人は送迎してもらうしかありません。
昼職で働いているのであれば、自宅から会社までの間のセクキャバ店で働けば、交通費は余分に必要なく送迎もしてもらう必要はありません。
まとめると、セクキャバ店では交通費支給はありませんが、送迎してもらいます。昼職がある人は自宅から会社のあいだのセクキャバ店で働くのだったら交通費は必要なく送迎もしてもらわなくていい。

送迎はタダなのか?

交通費支給はされないが、送迎してもらうのだったら安心して働けると思ったあなた。
交通費はたしかにゼロになりましたが、送迎費用がかからないとはいっていませんよ。

送迎費用はかかるの?

近くの女性は自腹で交通費負担しているのに、送迎であなたがゼロだったら公平ですね。
送迎するのにセクキャバ店で自動車・駐車場代・ガソリン代・運転手の費用はかかっているのです。
それをゼロで送迎するのはできません。当然ですが、送迎費用はかかります。
送迎費用がいくらかかるかはセクキャバ店によって違いがあるので、面接で聞いてください。
1日往復1000円から2000円くらいの金額です。
送迎費用が2000円だったら、その金額と往復の交通費を比較して検討すればいいでしょう。
ただ、先ほども伝えましたが送迎があれば、終電がなくなったら自腹タクシーになります。なによりストーカーの心配をしながら夜道を歩くことになるのです。
送迎だったら、そのような心配はないです。
金額だけではなく、それらも考慮して検討したほうがいいでしょう。
まとめると、送迎費用はかかります。送迎費用と交通費を比較してどうするか検討すればいいですが、終電・ストーカーも考慮したほうがいいでしょう。

住まいからセクキャバまでと遠くなる交通費も馬鹿にならない

送迎がないセクキャバ店だったら、自宅から遠いセクキャバ店まで通勤になります。
そうなれば、毎日の交通費がかなりかかってしまうでしょう。
ここはよく考えてセクキャバ店選びをしないと、1日働いたが交通費でそのまま現金が飛んでいきます。よく考えて計算しないと赤字になってしまう。
そうなれば、何をしているのかわからないですね。
交通費がどれだけかかるかと、あなたが手元にいくら現金を残したいかによっても違ってきます。
セクキャバの月収は、人気嬢で月収70万以上あると言われています。
この金額は、セクキャバ嬢だけに専念している女性のモデル金額です。
昼職と兼業でがんばって働いたとしても、この金額の半分か3分の一くらいで計算したほうがいいでしょう。
交通費が往復5000円かかった場合のシミュレーション
かりに月収70万だった場合、20日出勤・1日8時間以上働くことになります。
1日平均35000円になるので、交通費5000円差し引いても30000円です。
1時間あたり3750円で交通費の割合は高いですが許せる範囲でしょう。
かりに月収35万だった場合は、1日平均17500円になるので、交通費5000円差し引いたら12500円です。
1時間あたり約1500円になります。コンビニの時給より500円高いので、近くのコンビニで働くよりもいいかもしれません。
ここでは仕事内容は考慮していないので、セクキャバで上半身サービスまでして1500円はありえないと思えば無理になりますね。
かりに月収24万だった場合は、1日平均12000円になるので、交通費5000円を差し引いたら7000円です。
1時間あたり875円になります。コンビニの時給より低い時給になるので、近くのコンビニで働くほうがいいでしょう。
このようにあなたの稼ぎと交通費のバランスをみていかないと、何をしているのかわからないことになってしまうのです。
往復交通費を5000円で計算しましたが、5000円使うのであれば、セクキャバ店の寮だったら1日3000円から4000円です。自宅からではなく寮を借りたほうがいいでしょう。
自宅から遠いセクキャバ店に通うだけで、移動であなたは疲労がありますが、寮だったらそれはなくなります。
ただ、寮からセクキャバ店の距離は近くないと意味がないです。
まとめると、送迎がなかった場合は交通費は自腹になります。稼ぎと交通費のバランスを考えてセクキャバ店を選ばないと何をしているのかわからない状態になってしまう。1日の交通費が5000円かかるなら寮を借りたほうがいいでしょう。

その他にも雑費のお金は必要

交通費支給だけを気にしているあなた、他にもお金がかかることを知っていますか?
自宅からセクキャバ店まで遠いと、仕事をするうえで交通費は気になるところですが、それ以外にも発生するのです。
セクキャバで働くことになると、交通費だけでなく維持するためにさまざまなお金が飛んでいきます。
前述では月収70万で、1日35000円と言いましたが、この金額は手元に残る金額ですが、それ以上に稼がないといけません。
だいたい35000円手元に残すためには、1日40000円の稼ぎは必要でしょう。
何それというでしょうね。この6000円は雑費として必要な諸経費になります。
稼ぎの約10%は雑費としてかかるのです。
あなたとセクキャバ店は雇用関係がなく、業務委託で仕事をしています。
お店の設備・ロッカー代・待機室・お客さんにサービスするとおしぼりも必要です。その費用はあなたが稼ぎから支払うことになるのです。
これは、稼ぎによって金額が決まるものなので、稼ぎがなければゼロになりますが、稼ぎが多いと雑費は高くなっていきます。
これは稼ぎから差し引かれるもので、稼げれば問題ありませんが、それだけではありません。
セクキャバで働くことになります。あなたは、いまのままで出勤しますか?何を着て出勤しますか?メイクはどうしますか?ネイルはどう?ヘアスタイルはどう?
あなたがセクキャバ嬢としてお客さんに指名されるように女性として磨きをいれる費用は、あなたの財布から直接出ていくものです。
これらは、だれも負担してくれません。自分で考えてお金をかけて投資していくものです。
これだけのことでも、毎日のお金はかなりかかると思います。
平均すれば3000円から5000円はかかるのではないですか?
どこまでするかは、あなたが考えればいいですが、チープな雰囲気に見えると男性からは支持されることはないでしょう。
それなりにしないといけないのです。
カットしたいお金だが、あなたがセクキャバ嬢として稼ぐためには必要な経費になるのです。
これがベースの諸経費で、その他でお客さんと同伴することもあります。
同伴するときは、それなりにおしゃれが必要ですね。時計・アクセサリー・バック・靴などいつもは必要ないのですが、一時的なお金としているものです。
セクキャバはソフトサービスで性病感染する心配はないと言われていますが、絶対はありません。
性風俗のように性病検査を頻繁にする必要はありませんが、検査はしたほうがいいでしょう。
これもあなたの自腹です。
どうです?交通費支給が気になっていたでしょうが、その他にかかる金額も馬鹿にならないとわかったじょう。
まとめると、交通費支給だけが多くいお金ではありません。あなたが自分を磨いてお客さんに支持されるための費用はかかります。それはあなたの財布から直接支払うものです。

まとめ

セクキャバでは交通費支給はありません。往復の交通費と稼ぎのバランスをよく考えてセクキャバ店を選んでください。あと、交通費以外にも諸経費はかかるので、そのことも考えて計算は必要です。

稼げるセクキャバの見つけ方

スカウト型高収入求人サイトなら、待っているだけでお店からオファーが届きます!
もちろん、登録は無料なので安心して下さい!
探す手間がないから効率的に高額バイトが見つかります!

条件よいセクキャバが集まるサイトはこちら

Qプリ
ミミロケ

まずは、登録♪登録♪
時給・給料
セクキャバのバイト入門

コメント